« VM2 | Main | VM2 »

November 04, 2008

aphasia

失語症。15時過ぎのNHK総合のラジオで健康相談があったのだが、ここ数日、失語症について考えていたのである。人の口頭による指図に事物を特定しやすい名詞がなくて代名詞だけだったことがあったのだが、ヒステリーもあるのでちょっと困ったのである。誰しも歳をとると若干の失語症になるものである。言葉が出てこなくなるということは良く言われることである。私も失語症気味なのだが、一人暮らしに起因しているとずっと考えてきたが、それよりも脳梗塞や脳卒中が原因ではないかと思う。塩分の濃い物を食べ過ぎたとか、過労だったりするのである。このブログを書くことがリハビリになっていると思う。プログラミングもリハビリになると思う。あとは「気が付く」ということについてだが、若い頃より「気付き」が遅くなった。一度に待ち受けられる話題が少なくなったとも思う。話者が文脈を切り替えられるように誘導してくれないと何のことを述べているのかピンとこないのである。これは失語症+プログラマ+精神混信ということが原因じゃないかな。精神混信は悪意を持ってイタズラされることもある。要は社会からイジメられているという状況である。

シンクロニシティといえば、もう一つ、今朝のラジオで心の時間だったかな、そこでコンブの研究の話が出た。2日の深夜にダイエーで粉末だしを購入したのだが、その時、店頭の商品を長く観察していたのである。イリコと昆布とカツオだったかな。原材料を観るとどれも合成成分が筆頭になっているのである。つまり天然成分の量が少ないのである。アミノ酸等と書いてあるのが合成成分であろう。これが書いていないと天然だしで、最後の方に書いてあれば概ね天然であるということがわかる。昆布だしの箱を観るとアミノ酸がなくて、グルタミン酸ナトリウムが筆頭にあった。これは「味の素」の主成分である。昆布に本当に入っている成分と同じだから、合成でもグルタミン酸ナトリウムと記載しておけば有害な添加物という感覚が薄らぐだろう。結局いりこダシをかったのだが、これだけ昆布にも注目したのだということをここに記す。

英語でaphasiaである。Europeのベストにも入っていたので調べた。インストゥルメンタルである。

最近「金をくれ」と考え続けているのだが、一向に金が振り込まれない。こういうシンクロはしてくれないのか。良いシンクロをバンバンやってほしい。

|

« VM2 | Main | VM2 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference aphasia:

« VM2 | Main | VM2 »