« 質問出来なくなった | トップページ | 当たり »

2010/06/19

『鋼の錬金術師』第61話鑑賞

第59話を見逃したみたいである。前回の記事は多分60話だったのだろう。あるいはもっと前に見逃した回があったのだと思う。

セントラルの地下で、とうとうお父様という奴は5人の人柱と国土錬成陣を使って、アメストリスの全国民の命を吸い取って賢者の石をその身の内に錬成するのであった。そして圧倒的なパワーによって、空に浮かぶ神をも我が身に封じ込めてしまうのであった。

人柱の5人は目覚めると、そこにはエドワード似の若い男が椅子に腰掛けている姿を目撃するのであった。遙か昔にクセルクセスの民を使った錬成の際には、ホーエンハイムの似姿になったが、今回はエドワードの似姿を選んだということなのかもしれない。その考えで行くと、5人はホーエンハイムと同様に賢者の石の詰まった人間になったということだろうか?だったら、ついでにアルフォンスの体とエドワードの手足、イズミの内蔵、マスタングの視力も元に戻ってしかるべきであろう?しかし皆元の不虞の体なのであった。

若くなったお父様は手のひらから小さい太陽を錬成させることもできる程になったのだが、すぐに異常に気が付く。ホーエンハイムによれば、長い年月をかけて、アメストリスの国中を回って、自身の中の賢者の石を地の中に埋め込んだのだという。ホーエンハイムの味方となった、クセルクセス人の魂は、この時の為に準備していたのであった。だからアメストリス全土を巻き込んだ巨大な錬成によって、お父様の中に、反乱の魂が宿って、落ち着かなくなるのである。じっとしていられないお父様は、飲み込んだアメストリスの全国民の魂をはき出してしまう。それによって、死んだアメストリスの人々は生き返るのであった。この時点で姿こそエドワードであるものの、力の方はクセルクセスを飲み込んだ時のレベルにまで落ち込んでしまった為、呑み込んだ神を押さえ込むことができなくなり、たまらずはじき出してしまうのであった。しかしそこで思うには、まっ黒な体に目がいっぱいある化け物になったのは何故だったのか?という疑問である。既にお父様の体はクセルクセスの民でできた賢者の石も含んでいないのではなかったか?つまり無力なのではなかったか?不可解である。

不可解であるものの、とにかく元の強さに戻ったお父様は5人と戦いはじめるのだが、5人は中国人風少女の練丹術の結界で保護され、かつホーエンハイムがお父様の放つビームを受け止めてしのぐのであった。

一方地上ではブラッドレーとスカーの死闘が繰り広げられているのだが、ようやく決着がついた。ブラッドレーは死んだのである。スカーは重傷ながらも、リンの臣下の片腕の少女の手をかりて、国土錬成陣の中心に連れて行ってもらい、そこで、反対の錬成術をするのであった。スカーの兄が開発し国土錬成陣の反対の錬成陣が既に国土に描かれていたのである。スカーがそれを発動したことによって、何故か地下のお父様の攻撃が止まって、5人は攻勢に出ることができるのであった。それはもしかしたら、5人は錬金術が封じられていたということなのかもしれない。以前にもエルリック兄弟がお父様の前で錬金術を使えなくなるということがあったのだが、そういうことなのかもしれない。ホーエンハイムと練丹術とスカーだけが術を使えるという状況であったのだろう。そのお父様による封じ技が解除されたということだろう。正直に言って、スカーの反対の錬成陣は、国土錬成陣を封じるのが狙いだったのではないだろうか?それが封じ技の解除が目的になってしまったのはおかしいではないか?というのは、スカー自身の破壊専用の錬金術は、お父様の封じ技の影響を受けないからである。封じ技の影響を受けない者にとっては、そんなのどうでも良いことなのである。練丹術も使えるしである。

さて、5人の攻勢とグリードの攻撃などによって、やむを得ず地上に出るお父様であった。地上に出たお父様は、セントラルの兵士から魂を抜き取って、賢者の石の粒を錬成するのであった。つまり錬成陣なしで賢者の石を作れるお父様なのであった。そうやって次から次へと賢者の石を作っていけば、その方が大がかりな準備が要らず、しかも手軽にできるから、よっぽど効率が良いのではないかと思うのである。人柱も要らないしである。細かいところでいっぱい問題を抱えていると感じる。ファンタジーの要素と論理的整合性のある世界との切り分けができていないということである。昨今の漫画に多い特徴かもしれない。整合性にまで気を配ると、話を紡げないのである。あっと驚かすことに終始して、ストーリーを練ることができないのである。だから漫画であっても、原案担当を別途用意して、漫画家は絵を描くことに集中するのが良いのだろう。

|

« 質問出来なくなった | トップページ | 当たり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鋼の錬金術師』第61話鑑賞:

« 質問出来なくなった | トップページ | 当たり »