« 洗濯記 第11~12章 | Main | 樹氷式と鋳型式 »

April 13, 2011

シボレーのサドル

サドルのレールを水平にして、すなわち、座面をかなり前傾にして、少しだけ遠出してきた。電球を買いに遠くのAEONに行ってきたのである。

乗った感想であるが、力強く漕いでいる時には、まずまず快適な乗り心地であった。但し、止まっている時には、サドルの後端に座るよりなく、座り心地が悪い。降りた方が良いかもしれない。これだけ前傾にしてしまうと会陰を圧迫することは全くないと思う。しかしゆっくり漕ぐ時には、もう少し傾斜を控え目にしないと尻がずり落ちてきそうな感じがする。それは下手するとパンツが股に食い込むということになるので、良いはずはない。レールの水平と座面の水平の中間位が良いのではないか。いずれにしても、サイクリングの時には六角レンチを携行して、ちょうど良い角度を見つける方が良いだろう。

|

« 洗濯記 第11~12章 | Main | 樹氷式と鋳型式 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6864/51380902

Listed below are links to weblogs that reference シボレーのサドル:

« 洗濯記 第11~12章 | Main | 樹氷式と鋳型式 »