« 下痢と海藻と油 | Main | 寝苦しい夜に »

June 18, 2017

頸切り

春先に購入した洗濯機の支払いはリボ払いであった。設定可能金額が最大1万円のカードだったので、なかなか残高が減らない。そこで今しがた、ネットで支払い方法を確認して払ってきた。保有口座でかつ近所にATMがある銀行はMUFJとMIZUHOであった。決済口座はMUFJだったが、この方法で臨時返済する場合には、現金による方法しかなかったから、どちらでもよかった。MUZUHOの方が収入が入るため、MIZUHOの方が良かった。そこで、MIZUHOで支払うことに決め、操作を開始したところ、あらかじめ確かめておいた手順を履行しても、このカードはつかえない、と出てその先に進めなかった。あきらめてMUFJのATMまで行き、操作してみたところ、こちらは予定通りに操作が可能で、残高確認までできた。お金はMIZUHOの口座から使いたかったので、おろす金額を確かめてMIZUHOに戻って、金を下ろし、MUFJに再度行って返済の操作をした。ネットで確認できる請求明細には、支払い後残高という項目がなく、6月10日時点の残高と、7月3日引き落とし予定額というのがあるのである。それだと、引き落とし後残高は、6月10日時点の残高から7月3日の予定額を差し引いた額ということになる。さっき支払ったのは、6月10日時点の残高の1000円未満を切り捨てた額だったから、7月3日の引き落としは1000円未満ということになるのだろうか。今のところ、支払ったばかりだからか、日曜だからか、引き落とし予定額が変わってないのだが、明日月曜なら、変更されているかもしれない。

支払いを終えてマンションに戻って、端末に向かうと、また頸が痛いのを感じた。頸を切られたのかもしれない。外を歩いた時にも、頸を切る日本軍の亡霊が彷徨っているのかもしれない。

追記:
今、本文から日数の経過した24日土曜である。クレジットカードのメンバーのサイトを見たところ、支払予定額が1000円を切っていた。このカードで、毎月課金のサービスを2000円弱使っているので、本当なら3000円弱の残高があって、支払いも3000円弱となると思うのだが、今回は毎月課金の分を支払いに含めず、残りの1000円弱に手数料を10円超加えたものとなった。2000円弱の新しい項目を含めない理由は不明。沢山返済したから、猶予してあげようというくらいの意味なのかもしれない。

追記:
追記してから、寝て起きて思いついたこと。今月度の新課金分については、恐らく、6月10日時点までの残高に含まれていたと考えられ、既に支払ってしまったのだろうという想像ができる。臨時返済はいつでもできるが、新しい課金が決定するのは6月10日が締めということ。

ところで、このカードを使って、3月に洗濯機とベッドを購入したのである。それ以外では1万円に収まるように利用していたようである、当時。それが5月2日の支払いで15万円超の残高(4月10日時点)から5万円引き落とされたのである。支払額のスライド方式が、ネットを見ると、10万円までが10千円のコースなのだが、15万円までが15千円で、15万円超だと20千円なのである。全部リボ払い扱いなのに、50千円の支払いになるのはどういう理屈だろうか?1回当たりの返済額が多いのは望むところだとしても、理屈が不明なのは良くないことである。

|

« 下痢と海藻と油 | Main | 寝苦しい夜に »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6864/65426352

Listed below are links to weblogs that reference 頸切り:

« 下痢と海藻と油 | Main | 寝苦しい夜に »