« スパイの権利、国民の知る権利 | Main | 頸切り »

June 17, 2017

下痢と海藻と油

土曜の午前中にまた、下痢をしてしまった。朝起きて、ファミマの牛乳を電子レンジで温めて、マグカップで2杯飲んだだけであった。飲んだ後、横になったりはしなかった。前日の夕食は蕎麦を食べた。煮汁で豆腐を温めて食べた。

当初、原因に思い当たらず、いつもの超自然的な力によるものかもしれないと思った。

そして夕刻前、すきっ腹で新宿方面へ出たのである。神田神保町で本を買い、それから引き返した。途中の駅で改札を出てスーパーで買い物をした。スーパーで買い物をしているうちにようやく気が付いたのであった。ここ数日、蕎麦に入れる乾燥野菜に乾燥ひじきを一つまみ入れるようになっていたのだが、それが原因かもしれないと。洗ってあるやつで、そのまま使えるやつだったのだが、入れすぎないように一つまみだけ入れていたのであった。ヒジキは全く消化しないものだとすると、継続摂取は下痢便の原因になってしまうことだろう。

他に、辛そうで辛くない少し辛いラー油や、ひょっとすると海苔の類は全部そうかもしれない。これらは胃腸の弱っている人にとっては、一度で下痢になるか、継続して摂取すると必ず下痢になるものなのではないだろうか。

追記:
6月25日の土曜の朝、起きて、椅子に座ってたたずんでいると、何も食べていないのに、尻の辺りに奔流をうっすらと感じた。それは、真下の部屋の住人か、隣室の住人のものだろうか。土曜日は下痢をしやすいことの証左だろうと思う。重い食べ物や、ドリンクがあっという間に排泄されてしまうということである。

日本では、赤の他人が人を取り巻いて演劇をするというのが流行しており、週末は観察して、どんな悪戯してやろうか?足止めする手段は確立しているか?など下衆の注目の的になって、不愉快である。

さらに日曜の早朝、便所に入ると、うんこが出た。長目に座って様子を見て、シャワーを浴びた。タオルで体をふき始めると、腹の中に奔流を感じたので、ガスだけなのか、実が混じっているかわからなかったので、また座って様子を見た。しばらくするとガスが出てきたのだが、さらにずっと座っていると、ウンコも出てきた。ヨガ風に腹を勢いよくへこませる運動をして、腹の中に動きがなさそうなので、再度シャワーを浴びたのである。痔の坐薬を肛門に入れて、さらに軟膏も塗った。続く下痢で腸管が傷ついていると思うからである。この後、サプリメントをカロリーメイトのゼリー1パックで飲み下して食事に替えようと思う。

|

« スパイの権利、国民の知る権利 | Main | 頸切り »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6864/65424458

Listed below are links to weblogs that reference 下痢と海藻と油:

« スパイの権利、国民の知る権利 | Main | 頸切り »