« 夕刻の外出 | Main | 棘が無くても人を殺せる »

November 19, 2018

They must be guesses.

ドーナッツ屋さんで、しばし時間をすごすつもりで、コーヒーとドーナッツを飲食している。708を開きながら。今日は、盛況のようで、最初から客が多かった。だが、私が席を確保すると、もっと客が来た感じだった。隣に座った客が、ラーメンを食べ始めた。前回ここに来た時にも、私の目の前でラーメンを食べるおばさんが居た。沢山の客達に囲まれて、あっという間に、便所に行きたくなった。だが、出てくる前にウンコを済ませてきたし、今日は寝る前にも固いウンコをしていたから、かなり空っぽの筈だった。PCの作業を止めて、ゲームをすることにした。せっかくの場所が台無しだったが、やる気がでない時には、いつもそうなのでしょうがない。
ゲームをしながら粘っていると、一旦客がほとんどいなくなった。で、今は少し離れたところで男女のカップルがおしゃべりをしながら何かしている。自分の方を向いているわけではないのだが声が聞こえないように、努めている。なるだけ単語を聞き取らない努力をしている。
そしたら、肛門に刺激があった。今居る場所から大分離れているはずのトイレでウンコをしている人が居るのか、誰かの悪戯なのか。

|

« 夕刻の外出 | Main | 棘が無くても人を殺せる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6864/67398047

Listed below are links to weblogs that reference They must be guesses.:

« 夕刻の外出 | Main | 棘が無くても人を殺せる »