« 暗殺者待機中 | トップページ | テロ »

2020/08/31

9月

これは、31日の夜に打ち込んでいる。9月1日は、朝から晩まで留守にする予定。留守中に泥棒が入ってこないことを祈念しつつ、この記事を打ち込んでいる。

30日の夜に居室とキッチンの境くらいのところで虫が這っているのを発見し、ハイターで殺害した。ゴキブリではなかったみたいだが、ゴキブリに近い感じもした。また、先日、同じくハイターで殺害したゴキブリよりも、ハイターの液中でしぶとく生きていた。ゴキブリの可能性が最後まであったので、死ぬまで拾い上げなかった。生きたゴキブリを割り箸でつまむと、結構力強くもがくので、落としてしまう危険があるが、それを心配したのであった。死んでから割り箸で拾い上げて、カップめんの空き容器に入れて、屋上への階段の上に安置した。

1日の夜に帰宅して、異常があれば、ここに追記することにする。異常が無くても、何か追記するかもしれない。

追記:
1日は雨が降っていることもある関東であった。幸い傘が無くても、ほとんど濡れずに移動することができた。気温も低めに推移し、過ごしやすい方だったのだと思う。晩に帰宅して、問題は見つからなかった。幸い。まだ22時前の時分なので、この後何か異常が見つかるのかもしれない。一応、おやすみなさい。

追記:
2020-09-12 13:46。昨夜、起きだして便所に入り、小便をしたところ、キッチンに置いてある椅子の足の下に隠れて潜むゴキブリを発見した。便所から出た後、スプレーのハイターを取り出して、逃げて行っては困る方向に先に噴霧して、それからスプレーを近づけたところ、反対側に逃げ出したので、ハイターを直接吹きかけて殺したのであった。今回は動かなくなるのが早かった。ナイロン袋を開いて傍に置いて、ペーパーでハイターの液とゴキブリを拭きとった。ゴキブリの侵入が多いと感じたので、どこかに穴が開いていると考えた。発見場所がシンクの前だったので、IHのコンロの下の使っていない冷蔵庫の後ろを疑った。冷蔵庫は使っておらず、その前に台を置いていたから、周囲を片付けて、台を脇に寄せて、それから冷蔵庫を引き摺りだした。以前にも見たことがあったはずだが、今回良く見ると、壁の石膏ボード?がむき出しで、上下を貫く繋ぎ目が砕けていて隙間が空いていたのである。石膏ボードの向こう側は、多分、コンクリートの壁なのだろうと思う。そしてその向こう側は外の階段のある空間だ。欠けたボードとボードの隙間が冷蔵庫を収めていた木製の構造物の下の方に向かっている。それはもしかしたら、下の部屋にまで達している可能性がある。また、上の方はわからない。水道やコンロのある空間が木製の構造物でできているのだが、その後ろに空間があるのかどうか?ということだからだ。そのボードのつなぎ目だけでなく、全体として、木製の構造物と石膏ボードの間には上下左右に隙間がある作りになっている。冷蔵庫のあった空間の隣が収納スペースなのだが、シンクの真下となっていて、スペースの中央を排水管が上下を貫いている。そのスペースは、冷蔵庫よりもはるかに浅いところに板壁がついている。つまりその向こうにも何かあるということなのだが、水道管が2本通っていることがわかった。温水と冷水の2本。冷蔵庫側からその水道管のスペースが見えるので、携帯のカメラでライトで照らしながら撮影したところ、前の居住者の置いて行ったと思われるゴミがあった。生ごみではなく、和菓子の包装紙や、スダレや、ナイロン袋などが散乱していた。手が届かないので、ごみを撤去できないし、水道管が下に潜り込んでいる周辺に隙間がないかどうか、観ることができない。と言う状況。そこで、冷蔵庫のあった方のスペースで、石膏ボードと木製の構造物の間の隙間にトイレットペーパーを千切って上下左右に詰め込んでみた。それと石膏ボードのつなぎ目の隙間にもトイレットペーパーを詰めた。石膏ボードとコンクリート壁の間にも隙間があるかもしれないからである。詰め込む作業の後、冷蔵庫を居室の方にスペースを作ってそこに置くことにした。冷蔵庫があったところ、コンロの下のスペースを代わりに物置にした。その前に台を置く関係で、あまり手をつっこまずに済むように、買い置きの洗剤などを置いた。という状況。シンク下の水道管の通るゴミの散乱するスペースが未開拓のゾーンだが、他には玄関ドアくらいしか思いつかなくなった。玄関ドアは、ドア枠に対して、少し小さめのサイズで、開閉はスムーズな代わりに、小さい虫が入ってくる可能性がある。とりあえずここまで。

|

« 暗殺者待機中 | トップページ | テロ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。