« テロ | トップページ | 犯罪しかできない »

2020/09/04

心臓を刺す

6:14。少し早起きをして、ごみ出しをした。PCを触り始めたところで、胸を刺された感じがした。バキ風の仕業かもしれない。日本人は悪者を見つけると、小市民や小善人とかにぶつける、ということをする。なので、小市民を核として、悪党が取り囲むということをする。人殺しをする1手法だ。

15:15 肺を刺され始めた。

追記:
2020-09-09 16:00。肺を刺された。真下の部屋に物音がし始めた時だったから、侵入した時にまずやる行為として、刺すということをするのだと想像。そして今(17:47)、これを打ち込んでいると、また刺された。飛び上がった。日本では、暴力団の侵入を防ぐことがない。とすると、警察にも暴力団が構成員として雇われている可能性があるのだろうと想像。

「知らない人に言っている。」,someone said. ↑16時に刺された時に、伝わってきたフレーズ。文脈は不明。全く無関係だ。だが、その時には、私がコミュニケーションを取っている人間が、真下の人間の知り合いじゃない人物だ、ということだろうと思った。その意味の場合、そういうことは良くあることだ。そしてそうあるべきだと考える。殺し屋が居る部屋の人間と、関係の無い事を積極的にすべきだ、ということだ。

17:53。股の毛が抜けるような痛みがあった。

追記:
2020-09-10 12:37。左目が痛い。今日は、目をケガしている暴力団が下の部屋か、隣の部屋に居ると思われる。あるいは、他の部屋かもしれないし、隣家かもしれない。怪我人、病人、障害者、キチガイ、それが奴らの強力な武器。夕方、また追記することにする。

|

« テロ | トップページ | 犯罪しかできない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。